2007ユニバーサル技能五輪国際大会 洋菓子部門 金メダル獲得

お菓子の材料・危惧やラッピング小物まで 製菓材料の通信販売はこちら

ユニバーサル技能五輪国際大会とは、22歳以下の若者を対象とした48種技能を競う世界大会で今年の大会は22年振りに日本(静岡県沼津市)で開催されました。競技は平成19年11月15日〜18日の4日間にかけて行われ、約50ヶ国、800名の各国代表がその技を競い合いました。洋菓子部門では15ヶ国が参加。選手はマジパン細工、プティガトー、皿盛りデザート、アントルメ、ボンボンショコラ、ピエスモンテを制作し、美味しさや食感はもちろん、色や形による視覚的美しさ、芸術的な感性や創造力等が国際大会審査員により審査されます。大島選手は強豪ヨーロッパ勢に全く引けを取らない動きで、見事に世界一となる金メダルを受賞。また、今大会全ての競技の中で日本人最高得点者に送られる「ベスト・オブ・ネイション」も獲得し、W受賞となりました。洋菓子部門の日本人の金賞受賞は、大会が始まって以来初の快挙であり、大島選手の活躍は、まさにえぷろんのレベルの高さを改めて証明したといえるでしょう。

ページトップ